名古屋市千種区で屋根補修の依頼で点検です

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます】
  台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。
関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。
現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。
皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

袖板金大破
千種区からの点検依頼です。お電話でのやり取りで「ちょっと危ない状態」とおっしゃっていたので行く前から気になっていました。現地で状況を見ると・・危ないです。
袖板金大破
昨年の台風の時かららしいのですがよく頑張ってくれていました。カラーベストの袖板金ですがほぼぶら下がっている状態です。もし落下したら大変でした。下地の木もご覧の通り。もはや腐食が進みすぎて機能しません。
袖板金大破
ひとまず危ないので下地を撤去するとカラーベストの下にあるルーフィングも破れたりしていました。すでに雨漏れがあるのでは・・とおもいます。賃貸の建物という事で住人の方は不在で中は見れなかったのですがちょっと心配です。
袖板金大破
ルーフィングの破れです。瓦も風でバタついたせいか割れています。
袖板金大破
軒先についていた雨樋です。台風の前に原型を留めていない状態でした。とても劣化が進み要交換状態です。
袖板金大破
念の為屋根に登り各所点検しましたが反対側の樋も壊れていました。切断したような状態なので雨水がすべて落ちてしまいまいます。
今回のケースは手を入れる箇所が多そうです。単純に壊れた部分のみの交換と併せて、これまでそのままだった下地も心配です。下地が痛んでいると新しく材料をつけようとしても釘やビスが効かず意味のないものとなってしまいます。雨樋も悪い状態でしたのですべて交換の必要がありました。当然足場工事も必要となります。不具合も小さなうちに手を入れれば少ない費用で補修できますが、進行するととても費用が掛かる工事になってしまう例もあります。建物の不具合にお気づきの方は早めの点検・補修をお勧めいたします。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

谷板金 交換工事 雨漏り

今回は名古屋市名東区で谷板金の交換工事を行ってきました。谷板金とは屋根のへこんでいる、谷になっている部分に施工されている板金です。昔は銅板で施工されていました。銅板は酸性雨によって年数が経ってくると変色しそこから穴が開いてしまう可能性があり...........

天窓

名古屋市名東区のお客様より以前から屋根の天窓から雨漏りがするので、屋根を診てほしいとご連絡を頂きました。天窓(トップライト)の雨漏りの要因は原因が限られています。今回は、窓枠に使われているゴムパッキンの劣化が雨漏り要因でした。

32-1

春日井市で、強風で瓦が落ちて来たと言う問い合わせを頂いたので、早急に現調に行かせて頂きました。お宅に伺うと、棟の役物瓦が落ちて来て居ました、早速屋根に上がらせていただいたら、役物瓦を止めている釘がかなりの数浮き上がって居ました。触ってみると...........