名古屋市名東区で雨漏れ被害。瓦屋根の点検に行ってきました。


瓦屋根雨漏れ
名古屋市名東区で雨漏れ被害が出ているとの事で点検にやってきました。やはり台風の雨風で被害が拡大してしまったようです。屋根の形がやや複雑なのでそれぞれの部位をチェックしていきます。
瓦屋根雨漏れ
雨漏れ被害は2階の部屋から。その真上に当たるところに谷板金があります。特に穴あき等は無く正常に見えますが、周辺の瓦を見ると何か違和感があります。
瓦屋根雨漏れ
その違和感は「瓦の隙間」です。やはり歩くとガチャガチャ音がします。これは瓦を葺くときに「行儀が悪く」なってしまった、と私たちは表現しますが、実はこの症状は部分的に葺きなおしても直らないのです。かなり広範囲、或いは面全体を葺きなおさないと解消できません。
瓦屋根雨漏れ
谷板金隣の瓦がまるっと一列隙間が大きく開いています。谷板金に水が流れるまでは良いのですが。流れた先にこの隙間が待っているので水の勢いはそのままに、瓦の中へ水が入ってしまいます。
瓦屋根雨漏れ
瓦をめくって確認してみると瓦が通常の大きさから加工されていました。隙間がある列全部です。このため、付近の瓦と合わなくなり、隙間が生じている状態です。
瓦屋根雨漏れ
そこで検証作業をします。水の流れ、さらに入った水がどこから出るのか。スタッフによる水かけ試験を行いました。
瓦屋根雨漏れ
屋根裏にもスタンバイ。連絡を取り合いながらしらべていきます。
瓦屋根雨漏れ
出てきました。谷板金付近からの水です。実はこれ、水をかけ始めてものの15秒ほどで浸みてきました。屋根上では谷板金の終点からやはり瓦の隙間へ勢いあるまま流れ込んでいました。
今回の点検では原因がはっきり確認できたケースでした。立地面で足場施工が難しめであることもあり、今回は谷板金を付近の瓦を補修します。補修であれば割とシンプルな工事で解消できます。屋根の見た目は少々損なわれますが、雨の日のストレスは無くなります。工事の模様はまたお知らせしたいと思います。今年の台風は例年に比べ被害の連絡、点検から工事のご依頼が飛びぬけて多いような状況ですが、台風被害のほか、屋根外壁で悩みを抱えている方はお気軽に当社へご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

名古屋市西区で瓦屋根の谷板金交換で雨漏り補修をしました

谷板金交換 銅板の劣化
谷板金交換 銅板の劣化
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ステンレス製谷板金
築年数
築28年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円

同じ地域の施工事例

施工事例

名古屋市名東区で台風で飛散してしまったカラーベスト屋根の棟鈑金の交換工事をしました

20180910-15_180915_0009
1e2bc160c731065547d09677c3a71a7a
工事内容
棟板金交換
使用素材
棟鈑金(ガルバリウム鋼板)人工笠木
築年数
築30年
建坪
25坪
保証
工事費用
22万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

漆喰工事

名古屋市南区にて和瓦葺きの屋根修理の為に漆喰工事がスタートしました!!!瓦は割れや抜けなどがない限り、半永久的にメンテナンスが必要のないとても優秀な屋根材です。しかし、瓦屋根の場合は必ず漆喰のメンテナンスが必要になっています。この漆喰のメン...........

漆喰工事

名古屋市緑区にて、約20年ぶりの漆喰工事をスタートしました。漆喰とは棟の下や壁と屋根材の隙間にある白い塗り物のことです!今回はその漆喰工事の工程を細かく説明していきます!!まず、工事前の状態は・・・

谷板金 雨漏りの原因

春日井市で屋根工事をしています。屋根の形状が複雑になると谷という部分が発生します。その谷部分に使用されている板金の劣化が進行すると雨漏りの原因となります。屋根に谷がある場合は漆喰や棟のメンテナンスのほかに谷の補修工事が必要となります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-969-687