下地から交換で丈夫な屋根へ|中川区


今回は瓦屋根の棟を交換する工事を行ってきました。

元々台風によって瓦が飛んでしまいご依頼いただきました。

瓦自体は塗装等のメンテナンスは必要ないので
半永久的にもちますが瓦が割れてしまった
今回のような棟が飛んでしまった等の時は
部分的に補修ができます。
屋根瓦 台風被害 棟交換工事 人工木
この屋根の棟は下地の木に釘で打ち付けているものになります。

木が腐食し始めていて釘の力が弱まり
今回の台風で飛んでしまったと考えられます。

ですので今回はその下地の木から交換していきます!!!
屋根瓦 台風被害 棟交換工事 人工木
屋根瓦 台風被害 棟交換工事 人工木
まずは付いている瓦、下地の木を撤去します。

その後下地の人工木を取り付けていきます。
右のお写真の右の棒のような物が人工木になります。

人工木とは樹脂製ですので腐る心配がないので
今後安心です!!!

木よりも費用は掛かってしまいますが
台風等で飛んでしまう心配をするのでしたら
人工木で施工しておくことをお勧めします!
屋根瓦 台風被害 棟交換工事 人工木
人工木を取り付けたらそこへ瓦をビスで止めていけば完成です!!!

ビスで止めていくので台風でもよっぽどの事が無い限り安心です。
無い瓦はもちろん新しい物で施工しました。

ですが昔の瓦等で同じものが無い可能性もあります。

ですので屋根の事で困ったことや疑問がある方は
まずは街の屋根やさん名古屋東店にご連絡ください!!!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

名古屋市西区で瓦屋根の谷板金交換で雨漏り補修をしました

谷板金交換 銅板の劣化
谷板金交換 銅板の劣化
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ステンレス製谷板金
築年数
築28年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

漆喰工事 雨漏り補修

あま市で雨漏りをしていた家の工事をしています。雨漏りをしていた箇所から様々な仮説を立てて雨漏りの原因を考えました雨漏りの原因は必ずしも一つとは限らないので雨漏りの原因を特定するのは非常に難しいです。今回の雨漏りの原因は屋根からでした。経年劣...........

台風被害 瓦のめくれ

名古屋市熱田区で台風被害による雨漏れ養生をしてきました。少し前の現場でしたが工事でばたばたしており投稿が遅くなってしまいました。(すみません)上の写真の様に赤い丸で囲われた部分の瓦が3枚ほど飛ばされていました。下からは屋根の状態が確認しづら...........

台風被害 瓦の割れ補修

名古屋市名東区で瓦の割れ補修(差し替え工事)をしてきました。お隣さんからの指摘によって瓦の割れに気が付いたそうです。瓦は陶器のお茶碗などと似ています。お茶碗を手元から落とすと割れてしまう様になにか衝撃が加わると簡単に割れてしまう事があります...........