名古屋市中区で外回りの点検!!


現地調査
名古屋市中区で外回りの点検を行ってきました

陸屋根のお宅でしたので早速点検口から上がらしてもらい見てみると
屋上の防水は防水シートが使われていました。

大きな切れ等はありませんでしたが経年の劣化により
トップコートの劣化、表面にひび割れが発生し防水機能自体が低下していました

この場合上にトップコートだけを塗るか
長く持たせたいのでしたらウレタン防水でのメンテナンスをお勧めします
現地調査
屋上の入隅の部分を見てみるとまだ小さいですが
浮きがありました。

徐々に侵入してきた水分が熱で湿気に変わり
外に出ようと中から浮いてきてしまいます

なので新しくメンテナンスをするときは
中の湿気等を外に逃がしてくれる役目の
点検口を設置しましょう
現地調査
ドレンにゴミ等の溜まりや詰まりはなく
こちらは問題はありませんでした
現地調査
2階に下がってバルコニーを見てみると
先ほどのように浮きが発生していました

ここまで大きな浮きですといつ破れたりしても
おかしくはないので早めのメンテナンスをお勧めします
現地調査
こちらはサッシ廻りの写真です

コーキングは建物の揺れ等に合わせ
伸び縮みしてくれるのですが年数が経ってくると
固くなり揺れ等に耐えきれず切れやひび割れが発生してしまいます

まだ小さなひび割れですが放置しておくと大きな切れになりそこから徐々に雨水が侵入し中の下地材を腐食させたり雨漏れの原因となってしまいます

現地調査
年数が経ってきた外壁を触って手に白い粉のようなものが付く現象をチョーキングといいます

これは目に見え塗装をした方がいい
1番わかりやすいサインです
 
防水機能が低下しているので塗装でのメンテナンスをしてあげて下さい

現地調査
最後に目地の写真です

ひび割れ等はなく切れている様子もなくので
上から塗装でのメンテナンスで十分長持ちすると思います
家は毎日の私たちを雨や紫外線等から守ってくれています。
しかし日々劣化も進んでいます。
なのでその時期その家に合ったメンテナンスが必要です。
お客様の不安や疑問が少しでも無くなるよう私たちはご提案させて頂きます

ですので困ったらまず

街の屋根やさん名古屋東にご相談ください

お問い合わせはこちら

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

中村区で室内雨漏れによる内装改修工事を行いました

室内改修前
室内改修後
工事内容
その他の工事
使用素材
ヒノキ壁材、化粧巾木、他
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟替え工事 アフター点検

名古屋市熱田区で屋根の棟替え工事をしてから5年が経過した家のアフター点検にいってきました。屋根は普段なかなか目に付きにくい場所なので異常に気が付くのが遅れがちです。街屋根では工事後のアフター点検を行っているので安心です。シーズンはまだですが...........

雨漏り調査

一宮市で雨漏り調査をしてきました。雨漏りの原因を特定するのはとても難しいです。それは雨漏りの原因が1つとは限らないからです。あらゆる可能性を検討して総合的に判断をする必要があります。

瓦屋根 漆喰の劣化

北名古屋市で屋根の点検に行ってきました。屋根が瓦の場合は塗り替えはしなくても良いのですが棟の漆喰のメンテナンスは必要になってきます。今回はお施主様が通りがかった業者さんから漆喰を指摘されて心配になって街の屋根やさんにお問い合わせがありました...........