中村区で袖瓦の修繕工事を行いました


けらば落ち
点検依頼があってお邪魔した時はこのような状態でした。もうかろうじてぶら下がっている状態だった為、取り急ぎ一枚ずつ瓦を撤去し、木材まで取り外しました。瓦に釘は打ってありましたが下地に効いておらず、写真でわかるように木材の上に釘が引っかかっているだけの状態でした。
けらば落ち
上から見た状況です。下の屋根に剥がれた瓦が乗っかっています。もしも発見が遅れて付根が折れたりしたら大変でした。
けらば落ち
袖瓦はL字型をしています。上から留めていた釘はそのままですが、下地の木が腐っていた為に釘が効いていませんでした。瓦の重さに持っていかれて次々に瓦が外れてしまったようです。
けらば落ち
不安定な部分を撤去しました。直すまでの間、被害が拡大しないように下処理をします。
けらば落ち
雨予報でなくてももしもの事を考えて養生しておきます。
ケラバ補修
木が腐食していたので手で簡単に下地が剥がせる状態です。
ケラバ補修
下地をめくってもなお腐食が進行していました。
IMGP4171-columns2-overlay
袖部分周囲の瓦をいったん外して破風板に掛かる下地にゴム材質の材料を設置しました。これで木部に水が当たりにくくなります。
破風新設
瓦を元通りに復旧すると同時に新しい破風板も施工できました。あとは袖瓦を元に戻していきます。
けらば
一枚ずつしっかりと固定しながら瓦を戻していきます。施工はこれまでは釘打ちでしたが、より固定をする為にパッキンビスを用い、さらにビスの頭をコーキングで巻きました。
ケラバ
袖の横側もこれまで1本の釘で留めてありましたが、2本に増やし、しっかり下地に効くように施工しました。
ケラバ施工後
無事に修繕工事が終わりました。不具合のあった部分は全て直し、瓦も強力に固定したので強風時も安心です。
屋根の状態などは建物の中でも特に注意していないと気付かない部分でもあります。瓦の状態などは屋根に登らないとわかりません。築年数が経ってきて、状態が気になったり心配な方はお気軽にご相談ください。
別の部位の工事はこちら

同じ工事を行った施工事例

施工事例

名古屋市西区で瓦屋根の谷板金交換で雨漏り補修をしました

谷板金交換 銅板の劣化
谷板金交換 銅板の劣化
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ステンレス製谷板金
築年数
築28年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円

同じ地域の施工事例

施工事例

中村区で室内雨漏れによる内装改修工事を行いました

室内改修前
室内改修後
工事内容
その他の工事
使用素材
ヒノキ壁材、化粧巾木、他
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用
施工事例

名古屋市中村区で瓦棒屋根から雨漏れ発生!葺き替え工事を行いました!

瓦棒
縦ひら屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
カラーガルバリウム鋼板 タフクール
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根 部分補修

名古屋市南区で屋根の補修工事をしてきました。築年数が40年以上経過しており建て替えも検討されているとの事でした。数年でもしかしたら建て替えをするかもしれないとの事でしたので優先度の高い工事を部分的にしてきました。今回は剥離した漆喰を部分的に...........

瓦の差し替え工事

愛西市で築50年以上経過する家の屋根瓦の補修工事をしてきました。経年劣化によって瓦が凍てたり割れていたりしていました。同じ形状、サイズの瓦を準備して悪くなっている部分の瓦を新しいものに差し替えをしてきました。

漆喰工事 雨漏り補修

あま市で雨漏りをしていた家の工事をしています。雨漏りをしていた箇所から様々な仮説を立てて雨漏りの原因を考えました雨漏りの原因は必ずしも一つとは限らないので雨漏りの原因を特定するのは非常に難しいです。今回の雨漏りの原因は屋根からでした。経年劣...........