連日の大雨による雨漏れ被害の発生|名古屋市西区

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

東海地方、特に岐阜県では記録的な大雨となりました。

連日の雨によって交通機関や国道にも大きな影響を与えました。

場所によっては土砂崩れもあり復旧のめどが立っていないそうです。


そしてこの連日の大雨によってもたらされる雨漏れもその被害の一つといえます。


普段の雨では問題なくとも雨の降る量によって起きてしまう事もあります。

雨が降った中では補修工事も危険が伴い難しいです。
なかには雨漏れをしたまま不安な夜を過ごされた方もいます。


今回は連日の大雨によってもたらされた雨漏れ被害を見てきました。
陶器瓦 雨漏れ被害
瓦屋根の家に点検に伺いました。

昔ながらの土葺き工法で仕上げてありました。

屋根に上がって細かな部分を見ていきます

陶器瓦 雨漏れ被害
陶器瓦 雨漏れ被害
こちらは瓦に少し浮きがあった場所です。
そこへ隙間を埋める為にセメントが塗り込まれていました。

しかしそのセメントも劣化してポロポロと落ちていました。

この隙間を埋める為に使ったセメントですが、長い雨によってセメントの隙間に入り込んだ跡がありました。

そして本来であれば雨水が抜けていくはずの隙間が埋まっていた為、水の行き場がなくなり室内へと浸出した可能性が考えられます。
陶器瓦 雨漏れ被害
また屋根の頂点部分の棟にも瓦の割れがありました。


こういった瓦の割れた隙間から雨が入っていき雨漏れを引き起こす場合があるので要注意です。


今回の補修工事のご提案としては
瓦の割れ補修と瓦の浮き補修で問題ないかと思います。


屋根の事を知らない業者だと葺き替え工事を勧めてくる所もありますが、

それは雨漏れの原因を特定できないからという場合が多いです


屋根の事なら街の屋根やさん名古屋東店まで!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

中村区で室内雨漏れによる内装改修工事を行いました

室内改修前
室内改修後
工事内容
その他の工事
使用素材
ヒノキ壁材、化粧巾木、他
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

台風被害

今回の台風はとても被害が多く多くの屋根が被害にあってしまいました。棟の板金の飛散、瓦の飛散、酷い所では屋根の下地から飛んでしまったという家もありました。その中でも今回はスレート屋根の棟板金が飛んでしまったというご依頼を頂き名古屋市昭和区に行...........

スレート屋根の雨漏れ

北名古屋市のスレート屋根の雨漏れ事例の紹介です。弊社にお問い合わせがありました。数年前に他社で塗装工事をされたそうですが、ここ最近になって雨漏れが発生したそうです。塗装をする前は雨漏れは一切なかったそうです。塗装をされた業者に連絡はしたそう...........

スレート屋根の雨漏れ

名古屋市港区での雨漏れ事例の紹介ですスレート屋根が使われており築年数は20年以上という事でした。雨漏れが発覚したのはつい最近のことで室内に雨漏れが無いので気がつかなかったそうです。スレート屋根の雨漏れの原因を特定するのは正直かなり難しいです...........