スレート屋根の方は必見|棟板金の交換|尾張旭市


尾張旭市でカラーベスト屋根の棟板金取替え工事を行いました。

台風明け後に尾張旭市のお客様から電話を頂き、
台風でカラーベスト屋根の棟板金が飛んだとの内容でした

連絡を頂いた翌日に現場調査を行い、棟板金の下地から棟板金を
全て撤去して新たに取り替える工事を行いました
棟部 棟板金飛散状況 現調写真①
台風で棟板金が飛散した状況です。
経年により釘が徐々に浮き隙間から雨水が
浸入して棟板金の下地材(貫板)が
腐食してしまい台風で棟板金が飛散していました。

この状況を放置してしまうと
雨漏れの原因になってしまいます。
棟部 棟板金釘の浮き 現調写真③
棟板金の状況です。
棟板金は中にある下地材(貫板)に固定してあります。
しかし固定している釘が経年により浮いていました。

屋根全体の現場確認したところ大半の釘が浮いていました。
棟板金の貫板下地状況①
屋根全体の棟板金をめくった状況です。

台風で棟板金が飛んだ部分以外でも、
棟板金の下地材(貫板)に雨水が浸入していて
殆どの貫板が腐食していました。
棟板金の貫板下地状況①
左の写真と同様で屋根全体の棟板金をめくった状況です。

この状況を見ると、どの部分でも
台風や強風で棟鈑金が飛んでしまっても
おかしくないですよね・・・・・
棟部 棟板金の貫板撤去状況
屋根全体の腐食してしいる棟板金の下地材(貫板)を
全て綺麗に撤去しました。
棟部 棟板金の貫板(人工木材)施工状況
棟板金の下地材(貫板)は材質が木なので、また何十年後かに貫板が経年により雨水が浸入し腐食して棟板金が飛んでしまう事が起こらない様、腐らない(樹脂製で芯木入り)人工木材を使用しました。人工木材は材質が樹脂製の為雨水にさらされても腐ることはありません。
棟部 棟板金の貫板(人工木材)施工状況
棟板金の下地材(人工木材)に棟板金を施工しています。棟板金の
固定は腐食しないステンレス釘を使用して固定していきます。
棟部 棟板金施工中状況
棟板金の施工状況です。
棟部 棟板金施工後状況
全ての棟板金を取り付けした工事完了写真です。
棟板金と下地材の撤去から仕上げの棟板金取り付けまでの施工日数は、
2人作業で1日で完了しました

工事完了後、お客様に施工前から施工中と施工後の現場写真を見て頂き非常に喜んで頂きました。

スレート屋根の方は塗装だけではなく
こういった所のメンテナンスもしていく必要があります。
長く安心して住める様に私たちは工事をしますので

街の屋根やさんまでお問い合わせください

同じ工事を行った施工事例

施工事例

名古屋市西区で瓦屋根の谷板金交換で雨漏り補修をしました

谷板金交換 銅板の劣化
谷板金交換 銅板の劣化
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ステンレス製谷板金
築年数
築28年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円

同じ地域の施工事例

施工事例

尾張旭市で屋根の天窓の交換をして大雨の時の雨漏りが止まりました

b64a199a04399e4a574c38ca66965ef7
14c471609d446aab5fc2db6d884083ae-1
工事内容
天窓工事
使用素材
ベルックス フィックス型板網入
築年数
築20年
建坪
20坪
保証
工事費用
22万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

漆喰工事 雨漏り補修

あま市で雨漏りをしていた家の工事をしています。雨漏りをしていた箇所から様々な仮説を立てて雨漏りの原因を考えました雨漏りの原因は必ずしも一つとは限らないので雨漏りの原因を特定するのは非常に難しいです。今回の雨漏りの原因は屋根からでした。経年劣...........

台風被害 瓦のめくれ

名古屋市熱田区で台風被害による雨漏れ養生をしてきました。少し前の現場でしたが工事でばたばたしており投稿が遅くなってしまいました。(すみません)上の写真の様に赤い丸で囲われた部分の瓦が3枚ほど飛ばされていました。下からは屋根の状態が確認しづら...........

屋根瓦 台風被害 棟交換工事 人工木

今回は瓦屋根の棟を交換する工事を行ってきました。元々台風によって瓦が飛んでしまいご依頼いただきました。瓦自体は塗装等のメンテナンスは必要ないので半永久的にもちますが瓦が割れてしまった今回のような棟が飛んでしまった等の時は部分的に補修ができま...........