瀬戸市で葺き替え工事|ROOGA鉄平|軽量瓦|四日目


瀬戸市の葺き替え工事の現場です

工事前の屋根の状況はコチラから

既存の屋根瓦の撤去状況はコチラから

下地コンパネの張り作業はコチラから

防水シートの張り作業はコチラから

工事の流れ
 既存の瓦めくり      ←終了
 下地工事(コンパネ張り)  ←終了
 防水シート張り       ←終了
 瓦桟取付         ←今回の工事
 屋根葺き工事
遮熱ルーフエアテックス フクビ ルーフィング
遮熱ルーフエアテックス フクビ ルーフィング
前回までの工事で防水シート(ルーフィング)を屋根全体に張り終わりました。

今回は屋根瓦を取り付ける為に使用する瓦桟を取り付けて行きます。

DSCF1672_R-columns2-overlay
DSCF1675_R-columns2-overlay
瓦桟を取り付ける前に

墨を使用して取付位置にラインを引いていきます。
防水シートが反射して少し見えにくいですがしっかりとラインがついています

そして今回使用するのはKmew製のタフモックという商品です。

樹脂製の下地材で気の様に腐る事もありません。
上の瓦が大丈夫でも下地が湿気や熱によって先に悪くなるという事もあるので
下地材にも良い物を使用します。

DSCF1808_R-1-columns2-overlay
1991-columns2-overlay
上の様に瓦桟(タフモック)を取り付けます。

瓦桟(タフモック)は樹脂製で熱によって若干の伸縮がある為、
突付け部には多少の隙間を持たせておきます。

また水抜きの穴にもなります。

墨で出したラインのそって瓦桟を屋根全体に取り付けて行きます。

これでようやく瓦が葺ける様になりました。

次回からは屋根葺きの様子をお伝えいたします。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

瀬戸市で葺き替え工事|土葺き瓦から軽量瓦へ

KMEWルーガ鉄平 葺き替え工事
DSCF1894_R
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
Kmew ROOGA(ルーガ)鉄平
築年数
30年
建坪
32坪
保証
雨漏れ10年保証
工事費用
270万円(足場含む)
施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

岡崎市で屋根葺き替え・外壁塗装を行いました

長田邸外観
長田邸
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根葺き替え
雨樋交換
雨漏り修理
外壁塗装
使用素材
屋根:KMEWコロニアルグラッサ
築年数
築25年
建坪
25坪
保証
10年間
工事費用
250万円

同じ地域の施工事例

施工事例

瀬戸市でカバー工法|D'sルーフィング ディプロマット

カバー工法 施工前
カバー工法 施工後
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
D'sルーフィング ディプロマット
築年数
25年
建坪
105㎡
保証
雨漏れ10年保証
工事費用
110万円(足場含)
施工事例

瀬戸市で葺き替え工事|土葺き瓦から軽量瓦へ

KMEWルーガ鉄平 葺き替え工事
DSCF1894_R
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
Kmew ROOGA(ルーガ)鉄平
築年数
30年
建坪
32坪
保証
雨漏れ10年保証
工事費用
270万円(足場含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根葺き替え工事 防水紙の重要性

名古屋市千種区で屋根の葺き替え工事をしています。屋根はスレート屋根材を使用しています。屋根には1次防水と2次防水という考え方があります。屋根の仕上げ材が1次防水で下葺き材が2次防水という考え方です。下の写真を見てみましょう

玄関屋根葺き替え工事

名古屋市中区で玄関の上にある小さな屋根部分の葺き替え工事を行いました。工事前はサビが全体的に広がっていました。もし塗装を行ったとしてもあまり長くはもたない状況でしたので今後のメンテナンスの事も考えて玄関屋根を葺き替えることになりました。

屋根葺き替え工事 コンパネ ルーフィング

北名古屋市で屋根の葺き替え工事をしています。葺き替え工事なので昔の屋根をめくる訳ですが、その際に下地を再度作っていきます。コンパネ 構造用合板12mmを張っていきます。