瀬戸市で瓦屋根の漆喰点検に行ってきました


漆喰劣化
日本瓦の屋根漆喰の点検です。棟違いの割と大きな切妻屋根でした。棟の高さが違うこのような屋根は、段差の部分に取り合いができるので雨仕舞にいも注意が必要です。
漆喰劣化
棟違いの端部にある棟留め部分です。漆喰が落ちてしまっており、応急処置と思われる粘土のような物がくっついていました。ご覧のように棟瓦の中には土があるのでこのように漆喰が剥離してむき出しになってしまうと雨水が浸みてしまいます。
漆喰劣化
こちらはもう一方の棟留めです。縁が割れており剥離が近い様子でした。築年数から見ると土葺きの瓦屋根なので内部の土に水が浸みると屋根下地も痛めてしまう事になります。
漆喰劣化
棟下漆喰の一部です。こちらの建物は3本の棟があり、同じように漆喰が半月状に塗られていますが、写真のように多数剥離及びひび割れの劣化が見られました。やはり内部には土がありますので水が浸み込むことは屋根にとってマイナス要素となります。
漆喰劣化
更に鬼瓦を見ると漆喰が剥離中で隙間ができています。指が入る様な隙間だったので雨天の時は雨水が入ります。鬼瓦は棟瓦の内部で結わいてあるので落ちる事は有りませんがやはり雨水が入ってしまう事はマイナスになります。
漆喰劣化
幾つかの鬼瓦はご覧のような状態でした。雨水は中の土を湿らせて水分が蒸発するなどして漆喰に影響が出てきます。やはり修繕が必要ですね。
鬼瓦については一番雨が当たる部分でもあるので当社では漆喰をきれいに撤去した後に瓦をコーキングします。見た目もスマートで漆喰より長持ちします。棟留めなども漆喰がむき出しであったのを板金を加工してきれいに蓋をするように仕上げていきます。熟練の職人が丁寧に仕事をこなして漆喰を仕上げます。日本瓦の屋根がある建物で漆喰時の状態が気になる方はお気軽にお問い合わせ下さい。当社では点検・お見積りは無料で行っております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

軒天の張替え

春日井市で経年によって劣化した軒天の張替え工事を行いました。軒裏天井を略して軒天と呼びます。普段は太陽光などの紫外線があたる部分ではないので屋根や外壁と比べて褪色や劣化はしにくい場所ではあります。しかし巻き上がる風雨や経年によって劣化してき...........

外壁塗装 現地調査

名古屋市守山区で外壁塗装工事のお見積もり調査に行ってきました。見積書を作成するにあたり必ず現地調査が必要となります。外壁の状態によってご提案できる内容が違うからです。工事が始まってから工事内容が変更となり追加工事を出さない為にも必ず現地調査...........

木製サッシからの雨漏り

稲沢市で木製のサッシの隙間から吹き降りの雨の際に雨漏りを引き起こしていました。昔のサッシの為、今あるアルミや樹脂製のサッシと比べて気密性や断熱性は高くありません。木枠とガラスとの間に隙間が空いており吹き降りの雨の際にそこから雨が入っていまし...........