高浜市で外塀の塗膜点検に行ってきました


外塀爆裂
ご覧の外塀です。色自体は経年の褪色によるムラが見られました。
外塀爆裂
膨れが出て爆裂が起きた箇所です。写真でも膨れが分かります。触ってみると膨らんだ様子が感触と音でわかります。膨れが破けるとポケットになってしまうので水が入ってしまい、より被害が拡大してしまいます。
外塀爆裂
膨れが割れて塗膜が剥がれた跡です。やはりポケットになってしまっているので適切な補修が必要です。
外塀爆裂
こちらは膨れとはまた違った不具合です。塗膜割れの部分が両方から押し合って盛り上がっている状態です。塗装時~乾燥までの間で何らかの不具合が起こっていた可能性があります。例えば使用した下塗材により上塗が収縮して起こった・・・などあくまで可能性や予測の話ですが、考えられるかもしれません。
今回の様な外塀の不具合は実は意外と多いものです。不具合の仕組みを大まかにいうと、ブロックを積んで塀にしてモルタルを化粧として塗った後に塗装で仕上げます。地上から建っているブロック塀は下から上がってくる湿気や雨などがかかり、次第に内から外へ蒸気が出ようとして塞がれた膜(塗膜)を持ち上げてしまうという事があります。また、単純に塗装の工程が悪く、下塗り材が乾燥しないうちに上塗のペンキを塗ってうまく密着しなかった・・・、等原因と思われるものは一つではありませんが、修繕は比較的シンプルです。爆裂の範囲にもよりますが、基本的には不具合箇所を丁寧に、やや広めに除去し、しっかり下塗りをした上で再度塗装するという施工が一般的です。除去する不具合箇所が大きすぎると補修跡がかえって目立ってしまい仕上がりがよくないものになってしまいますが、そんな時はまた別の修繕方法を用います。外塀のあるお家では改めでセルフチェックしてみてはいかがでしょうか?点検や見積りは無料です。気になった方は是非一度お問い合わせ下さい。

同じ地域の施工事例

施工事例

高浜市で屋根外壁塗装工事|塗装色を変えてイメージを一新!

屋根外壁塗装 施工前
屋根外壁塗装 施工後
工事内容
雨樋交換
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
水性セラミシリコン SK化研
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
約120万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

現地調査

名古屋市緑区で屋根の点検を行ってきました。今回の屋根は瓦が使われていました。瓦は割れない限りは半永久的にメンテナンスは必要ありません。ですが棟の下等にある漆喰は約10年で補修する必要があります。この家は瓦に浮きやズレ、割れ等は無く問題はあり...........