天白区で瓦屋根の点検に行ってきました


瓦屋根のズレを指摘され心配な状態・・・実際に点検の様子を見ていきましょう

瓦屋根
現場に到着し、早速屋根に登ってみました。築年数が経っているとの事で瓦が心配でしたが、今も流通している瓦でしたので少し安心しました。やはり所々に経年の劣化はちらほら見えています。
瓦屋根
少々複雑な屋根の形をしていました。屋根の向きが変わる部分には谷ができますが、それが2か所ありました。瓦自体は割れや大きいズレはなく大丈夫なようです。
瓦屋根
では漆喰を見ていくことにしましょう。まず鬼瓦です。かろうじて残っていますが剥離が進んでいます。もう手で触るとボロボロ落ちてしまう状態です。
瓦屋根
こちらも別の位置の鬼瓦です。やはり漆喰が剥離してきています。剥離が進んでしまうと棟の瓦と鬼瓦の間に隙間ができて雨水が入ってしまうのでよく確認が必要です。
瓦屋根
寄棟の屋根なので隅棟があります。同様に漆喰をのぞいてみるとやはり劣化が進んでいます。漆喰の表面が割れて中の土が出てきています。
瓦屋根
このような棟下漆喰の劣化が多くお見受けできました。漆喰が取れてしまうと中の土がどんどん出てしまい、結果、棟瓦の歪みや崩れの原因になる事があります。
瓦屋根
更に点検を進めていきます。築年数がある程度経っている日本瓦の建物だと写真の様な鉄の棒がかわらに結び付けてあります。
この鉄筋棒は棟瓦や軒先の瓦に設置してあり、ずれたり滑落したりしない様に一枚一枚の瓦を緊結してあります。この写真にも写っていますが、瓦から鉄筋棒がずれてしまっています。表面はビニールの被膜が施されていますがすでに劣化して捲れています。
瓦屋根
こちらも鉄筋棒が落ちてしまっています。しかし交換すれば元通りに直す事が可能です。
瓦屋根
続いては谷部分を点検していきます。鉄板の谷板金なのでサビがだいぶ進んでいます。穴が開くのが時間の問題という状態でした。
瓦屋根
近づいてみてみると劣化の状態が分かります。サビの部分は板金が薄くなっています。
瓦屋根
最後に下屋根を見ていきます。大屋根同様に割れたりずれたりはしていませんでした。
瓦屋根
劣化の目立つ部分はやはり棟下の漆喰と鉄筋棒です。いずれも交換をお勧めできる状態でした。
瓦屋根
鬼瓦の漆喰はきれいに取れてしまいこのような隙間ができている状態です。雨水が入ってしまうので早めに施工をしたいですね。
瓦屋根
その他、付帯の板金類にも褪色やサビが出ていました。
今回の点検は漆喰の劣化状態と鉄筋棒と谷板金、その他付帯部分を詳しく見てみました。やはり劣化している箇所から劣化は拡大していく当然の理由なので、このような点検時に工事を検討するきかっけになればと思っています。豊富な知識と提案力で安心できる工事を私たちも心掛けています。屋根の心配事がある方は「街の屋根やさん名古屋東店」までお問い合わせ下さい。

この工事の現場ブログ

瓦屋根

2016/11/22/ 天白区で瓦屋根の点検に行ってきました

瓦屋根のズレを指摘され心配な状態・・・実際に点検の様子を見ていきましょう

同じ工事を行った施工事例

施工事例

名古屋市西区で瓦屋根の谷板金交換で雨漏り補修をしました

谷板金交換 銅板の劣化
谷板金交換 銅板の劣化
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ステンレス製谷板金
築年数
築28年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根 部分補修

名古屋市南区で屋根の補修工事をしてきました。築年数が40年以上経過しており建て替えも検討されているとの事でした。数年でもしかしたら建て替えをするかもしれないとの事でしたので優先度の高い工事を部分的にしてきました。今回は剥離した漆喰を部分的に...........

瓦の差し替え工事

愛西市で築50年以上経過する家の屋根瓦の補修工事をしてきました。経年劣化によって瓦が凍てたり割れていたりしていました。同じ形状、サイズの瓦を準備して悪くなっている部分の瓦を新しいものに差し替えをしてきました。

漆喰工事 雨漏り補修

あま市で雨漏りをしていた家の工事をしています。雨漏りをしていた箇所から様々な仮説を立てて雨漏りの原因を考えました雨漏りの原因は必ずしも一つとは限らないので雨漏りの原因を特定するのは非常に難しいです。今回の雨漏りの原因は屋根からでした。経年劣...........