塗装のサイン カビ チョーキング|天白区


名古屋市天白区で外回りの点検を行ってきました

今回、屋根材はカラーベストで外壁はサイディングが使われていました
年数的に屋根、外壁共に塗装の時期には来ていたので劣化状態を見極めるためしっかり点検していきます

それではまず屋根から点検していきます
現地調査
屋根に上がってみると全体的に褪色が進行していました

また屋根材に経年の劣化のよって
カビが発生していました・・・

コケやカビを放置しておくと屋根材自体を痛めてしまう原因になってしまいます

褪色も進行していたので塗装をお勧めします
現地調査
壁を触ったとき手に白い粉が付いたことは
ありませんか???

このチョークの粉のようなものが付く現象を
チョーキングと言います。

原因は日々の紫外線等による塗膜の劣化です
この現象は塗装の時期が来たということを知らせてくれる1番わかりやすいサインです
現地調査
多くのサイディングには
目地と呼ばれる部分にシーリングが打ってあります。

今回は完全に切れ、本来下にあり見えないはずのジョイナーに付いている青いテープが見えています

この下にはまだ防水紙があるのですが直接雨等が当たってしまうので当然劣化の進行は早まってしまいます

ですので古いものは撤去し
新しいものにうち替え雨水の侵入を防ぎましょう
現地調査
サイディング自体には防水機能はなく上に塗ってある塗膜が雨等を防いでくれています。
しかし目地が打ってある横の部分には塗装がされておらず雨水を吸い込んでしまいます。

ですので先ほどのような切れから入った水を吸いこのような反りなどが発生します

侵入し始めてから年数が経っているので下地がダメになっていましたのでそこからの補修となってしまいます
現地調査
バルコニーにはFRP防水が使われていました
FRPとは?⇒こちら

褪色が進行し防水機能が低下しています
また表面のトップコートにひび割れが発生していました。

トップコートは約5年おきに補修していくのがいいのですがなかなかできず防水自体が劣化してしまうと新しく防水をやってあげなければいけません
現地調査
ドレンにゴミ等の溜まりや詰まりはありませんでした

定期的に掃除しているということでしたので
問題ありませんでした

詰まり等でも雨漏りはしてしまいます。
全体的な褪色、付帯部の劣化、目地やサッシ廻りの切れやひび割れがありましたので
補修後の塗装をお勧めしました

今の家にどんなメンテナンスをすればいいか分からない方
不安や疑問がある方はまず

街の屋根やさん名古屋東店にご相談ください

お問い合わせはこちら

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

中村区で室内雨漏れによる内装改修工事を行いました

室内改修前
室内改修後
工事内容
その他の工事
使用素材
ヒノキ壁材、化粧巾木、他
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟替え工事 アフター点検

名古屋市熱田区で屋根の棟替え工事をしてから5年が経過した家のアフター点検にいってきました。屋根は普段なかなか目に付きにくい場所なので異常に気が付くのが遅れがちです。街屋根では工事後のアフター点検を行っているので安心です。シーズンはまだですが...........

雨漏り調査

一宮市で雨漏り調査をしてきました。雨漏りの原因を特定するのはとても難しいです。それは雨漏りの原因が1つとは限らないからです。あらゆる可能性を検討して総合的に判断をする必要があります。

瓦屋根 漆喰の劣化

北名古屋市で屋根の点検に行ってきました。屋根が瓦の場合は塗り替えはしなくても良いのですが棟の漆喰のメンテナンスは必要になってきます。今回はお施主様が通りがかった業者さんから漆喰を指摘されて心配になって街の屋根やさんにお問い合わせがありました...........