瓦屋根の漆喰工事がスタート!既存漆喰は必ず撤去 名古屋市南区



名古屋市南区にて和瓦葺きの屋根修理の為に

漆喰工事がスタートしました!!!

瓦は割れや抜けなどがない限り、半永久的にメンテナンスが必要のない
とても優秀な屋根材です。

しかし、瓦屋根の場合は必ず漆喰のメンテナンスが必要になっています。

この漆喰のメンテナンスを行っていないと、
最悪の場合、棟の崩れや雨漏れの原因にもなりうる可能性が高いです。

今回のおうちは・・・
漆喰工事
漆喰工事

かなりひび割れと変色が進行していました。

重ね塗りは行われていなかったので、
雨水が屋内にはあまり侵入していなかったかもしれませんが、
劣化は進行していました。

もし、棟の内側に雨水が侵入しており
漆喰の重ね塗りが行われていた場合は
雨水がかなりの量が侵入していたと考えられます。

漆喰の重ね塗りは完全に意味がないので、
絶対に行わないようにしましょう!!

では、工事スタートです!!!
漆喰工事
漆喰工事

まず最初は既存の漆喰を撤去します。

棟の中からどんどん土が出てきてしまいますが
水が侵入してしまい、脆くなっている部分でもあるので、
必要のない部分は撤去していきます。

これが原因で棟が崩れる事はないので、ご安心を!!


漆喰工事
漆喰工事

これが既存の漆喰を撤去した後の写真です。

昔ながらの瓦の葺き方は土葺き工法は
大量の土を使って棟を作るので、漆喰の奥には土がたくさん詰められています。

漆喰を塗るのはこの土が流れださないようにする為でもあります。

なので、漆喰工事は定期的に行うようにしましょう。


漆喰工事
漆喰工事

そしてこれが実際に塗り終わった状態です。

今回、工事を行った職人は漆喰工事を主に行っている職人さんに依頼し
とても綺麗な仕上がりになりました

もちろん屋根修理の為、漆喰工事を行う業者さんは
数多くありますが、屋根修理工事で漆喰工事を行う際は、

「既存の漆喰はどうするのか」

「重ね塗りはしないか」

の確認は必ず行いましょう!!

もし、何か漆喰工事でお悩み事がある方は
是非「街の屋根やさん名古屋東店」お問い合わせください!!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

名古屋市西区で瓦屋根の谷板金交換で雨漏り補修をしました

谷板金交換 銅板の劣化
谷板金交換 銅板の劣化
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ステンレス製谷板金
築年数
築28年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円

同じ地域の施工事例

施工事例

名古屋市南区でスレート屋根に積んである棟瓦を棟板金へ交換しました

棟板金交換
棟板金交換
工事内容
棟板金交換
使用素材
カラーGL鋼板
築年数
築35年
建坪
保証
工事費用
10万円
施工事例

名古屋市南区でカラーベスト塗装工事|タスペーサー使用(縁切り)

屋根スレート塗装工事
屋根スレート塗装工事
工事内容
屋根塗装
使用素材
SK化研 クールタイト
築年数
20年
建坪
塗装面積 91㎡ 
保証
工事費用
約32万円
施工事例

名古屋市南区で防水トップコート塗り替え工事

防水工事 トップコート
防水工事 トップコート
工事内容
防水工事
使用素材
築年数
20年
建坪
12㎡ 立上り含む
保証
工事費用
約4万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雀口漆喰 面戸板金

尾張旭市で劣化して剥離した雀口の漆喰の代わりに面戸板金を取付けています。屋根に瓦が使用されている場合は軒先部分に漆喰が使用されていることがあります。年数の経過と共に漆喰が剥離して剥がれ落ち隙間が空いてしまうと雀や小さな動物や虫が入り込んでし...........

漆喰工事

名古屋市緑区にて、約20年ぶりの漆喰工事をスタートしました。漆喰とは棟の下や壁と屋根材の隙間にある白い塗り物のことです!今回はその漆喰工事の工程を細かく説明していきます!!まず、工事前の状態は・・・

谷板金 雨漏りの原因

春日井市で屋根工事をしています。屋根の形状が複雑になると谷という部分が発生します。その谷部分に使用されている板金の劣化が進行すると雨漏りの原因となります。屋根に谷がある場合は漆喰や棟のメンテナンスのほかに谷の補修工事が必要となります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-969-687