台風被害で多かったのは棟板金のめくれでした|長久手市


棟板金の被害 台風被害
長久手市で棟板金の工事が完了しましたので
まずは点検の時のお話をしたいと思います。

9月の台風によりスレート屋根の棟部分にある棟板金が飛散してしまった家にいきました。
行ってみると棟板金がめくれ棟の途中から下地の木材が露出しているのが分かります。

今回の台風はとても勢力が強く棟板金のめくれによる被害がとても多かったです。

原因として多いのが経年劣化により棟そのものの耐久力が低下していることが考えられます。

新築して間もないのに棟板金に被害があった箇所もありますが、

風の強さの場合と施工的に何かしら問題がある場合があるので

調査をしてみないと分からないです。
棟板金の被害 台風被害
下には棟板金と共に下地の木材が落ちていました

落ちている木材を見てみると木材の腐食も見られました。

棟板金の被害 台風被害
棟板金の被害 台風被害
点検をしていて気になったところですが、

棟板金を止付けている釘が棟板金の上から止めていたことです。

何が問題かといいますと、上から釘を打つと雨水が釘の隙間から侵入しやすいという事です。

一般的には棟板金の横から止めることが多いのですが・・・。

一応釘を打ってある場所にはコーキングが施してありましたが

コーキングが切れてしまうとそこからの雨水の侵入が心配です。

木材の腐食も釘穴部分に腐食が見られたので、釘打ち部からの雨水の侵入の可能性が高いです

次回工事をする際は一般的な横から止付け行く方法で施工をしていきます

棟板金の被害 台風被害
最後に雨が降っても大丈夫な様に養生をしてきました

次回は工事についてお話していきます

同じ工事を行った施工事例

施工事例

名古屋市南区でスレート屋根に積んである棟瓦を棟板金へ交換しました

棟板金交換
棟板金交換
工事内容
棟板金交換
使用素材
カラーGL鋼板
築年数
築35年
建坪
保証
工事費用
10万円
施工事例

名古屋市名東区で台風で飛散してしまったカラーベスト屋根の棟鈑金の交換工事をしました

20180910-15_180915_0009
1e2bc160c731065547d09677c3a71a7a
工事内容
棟板金交換
使用素材
棟鈑金(ガルバリウム鋼板)人工笠木
築年数
築30年
建坪
25坪
保証
工事費用
22万円
施工事例

岡崎市で棟板金の交換工事をおこないました

棟板金めくれ
棟板金施工後
工事内容
棟板金交換
使用素材
カラーガルバリウム鋼板
築年数
約15年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟板金交換 スレート屋根

長久手市でスレート屋根の棟板金交換工事をしてきました。去年に2回ほど東海地方を直撃した台風によって棟板金がめくれあがったそうです。2回の台風はとても勢力が強く東海地方でもかなりの被害が出ました。その中でも今回の棟板金のめくれという被害がとて...........

IMG_0810

今回は名古屋市緑区でスレート屋根の棟板金をガルバリウム鋼板を使用し交換工事を行ってきました。棟とは屋根の頂上にある部位でスレート屋根にはそこに板金が被せ施工してあります。棟板金は主に中にある下地の木に釘のみで止めてあり年数が経ってくると建物...........

スレート屋根 棟取り直し

前回の続きです。春日井市での棟部分の交換工事の様子です棟瓦から棟板金へと交換をするのですが前回までに瓦を撤去しその下に使われていた葺き土も撤去していきました。