長久手市でU瓦の棟が台風で飛ばされてしまい雨漏れが発生!!!


U瓦劣化
長久手市にて台風被害です。
強風で棟が飛んでしまい雨漏れが発生していました。

写真右奥に転がていった棟が横たわっています。

比較的広い屋根で勾配が緩かったため中腹で留まってくれていました。
やはり材料は重たいので落ちると危険です。
この屋根は離れの建物で、敷地内にある母屋のほうから台風の翌日に気付かれたそうです。
U瓦劣化
まずは屋根に上がり棟の回収です。幸い割れたりはしていなかったので再利用です。そして棟が無くなった部分は当然ご覧の通り。下地が露出しています。
下地に直接雨が当たってしまい、雨漏れが発生してしまっていました。
U瓦劣化
屋根材の下にはルーフィングと以前重ね葺きをされたとの事でカラーベストの屋根がいます。
この様なカバー工法を用いている方は以前の屋根に雨漏れが発生していない方が多いですが、もちろん雨が当たり続けると劣化が進行してきます。
また強風があると今度は隣の棟が心配です。このように口を開けているので風に弱くなっています。
U瓦劣化
鬼瓦も両端にあり、棟の内部に風は入りにくいと思いがちですが、留めてある釘がボロボロでした。触ると釘が動くので風に煽られて釘が抜けてしまったと思われます。

この釘が経年劣化によって、抜け落ち家の中に直接雨が侵入してきて雨漏れの原因になる可能性もあります。
U瓦劣化
片方の鬼瓦は敷地の庭に落下して割れてしまいましたが、もう片方は無事でした。しかし瓦周囲のコーキングが経年劣化で傷んでいます。
取り急ぎ屋根の状態がこのような状況なので即工事を決めて頂き当社で補修に入ります。

無事だった棟は再利用、そして棟を止めてある釘はサビないものに交換し、再度しっかり打って固定します。

割れてしまった鬼瓦はもう使えないので板金を加工し、棟留めを取り付けます。
U瓦は現在どこも扱わなくなっているので当時の同じ色や材料が手に入りません。
また瓦を見てもわかるように塗装が必要な材料です。

実際に雨漏れが発生してしまっており、
このまま長い間雨漏れを放置し続けると、下地だけでなく
家の躯体にまで影響を及ぼす場合もあります。

雨漏れぐらいと考えるのではなく、
「雨漏れは危ない」という考えを持っておきましょう!!

皆さんの建物はいかがですか?
雨漏れを放置したりしていませんか?
屋根外壁でお困りの方は是非一度当社へお問い合わせください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

名古屋市西区で瓦屋根の谷板金交換で雨漏り補修をしました

谷板金交換 銅板の劣化
谷板金交換 銅板の劣化
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ステンレス製谷板金
築年数
築28年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雀口漆喰 面戸板金

尾張旭市で劣化して剥離した雀口の漆喰の代わりに面戸板金を取付けています。屋根に瓦が使用されている場合は軒先部分に漆喰が使用されていることがあります。年数の経過と共に漆喰が剥離して剥がれ落ち隙間が空いてしまうと雀や小さな動物や虫が入り込んでし...........

漆喰工事

名古屋市南区にて和瓦葺きの屋根修理の為に漆喰工事がスタートしました!!!瓦は割れや抜けなどがない限り、半永久的にメンテナンスが必要のないとても優秀な屋根材です。しかし、瓦屋根の場合は必ず漆喰のメンテナンスが必要になっています。この漆喰のメン...........

漆喰工事

名古屋市緑区にて、約20年ぶりの漆喰工事をスタートしました。漆喰とは棟の下や壁と屋根材の隙間にある白い塗り物のことです!今回はその漆喰工事の工程を細かく説明していきます!!まず、工事前の状態は・・・

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-969-687