長久手市でU瓦の棟が台風で飛ばされてしまった!


U瓦劣化
長久手市にて台風被害です。強風で棟が飛んでしまいました。写真右奥に転がていった棟が横たわっています。比較的広い屋根で勾配が緩かったため中腹で留まってくれていました。やはり材料は重たいので落ちると危険です。この屋根は離れの建物で、敷地内にある母屋のほうから台風の翌日に気付かれたそうです。
U瓦劣化
まずは屋根に上がり棟の回収です。幸い割れたりはしていなかったので再利用です。そして棟が無くなった部分は当然ご覧の通り。下地が露出しています。
U瓦劣化
屋根材の下にはルーフィングと以前重ね葺きをされたとの事でカラーベストの屋根がいます。その為、多少の雨では雨漏れはしないと思われますが、また強風があると今度は隣の旨が心配です。このように口を開けているので風に弱くなっています。
U瓦劣化
鬼瓦も両端にあり、棟の内部に風は入りにくいと思いがちですが、留めてある釘がボロボロでした。触ると釘が動くので風に煽られて釘が抜けてしまったと思われます。
U瓦劣化
片方の鬼瓦は敷地の庭に落下して割れてしまいましたが、もう片方は無事でした。しかし瓦周囲のコーキングが経年劣化で傷んでいます。
取り急ぎ屋根の状態がこのような状況なので即工事を決めて頂き当社で補修に入ります。無事だった棟は再利用、そして棟を止めてある釘はサビないものに交換し、再度しっかり打って固定します。割れてしまった鬼瓦はもう使えないので板金を加工し、棟留めを取り付けます。U瓦は現在どこも扱わなくなっているので当時の同じ色や材料が手に入りません。また瓦を見てもわかるように塗装が必要な材料です。皆さんの建物はいかがですか?屋根外壁でお困りの方は是非一度当社へお問い合わせください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

名古屋市西区で瓦屋根の谷板金交換で雨漏り補修をしました

谷板金交換 銅板の劣化
谷板金交換 銅板の劣化
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ステンレス製谷板金
築年数
築28年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

漆喰工事 雨漏り補修

あま市で雨漏りをしていた家の工事をしています。雨漏りをしていた箇所から様々な仮説を立てて雨漏りの原因を考えました雨漏りの原因は必ずしも一つとは限らないので雨漏りの原因を特定するのは非常に難しいです。今回の雨漏りの原因は屋根からでした。経年劣...........

台風被害 瓦のめくれ

名古屋市熱田区で台風被害による雨漏れ養生をしてきました。少し前の現場でしたが工事でばたばたしており投稿が遅くなってしまいました。(すみません)上の写真の様に赤い丸で囲われた部分の瓦が3枚ほど飛ばされていました。下からは屋根の状態が確認しづら...........

屋根瓦 台風被害 棟交換工事 人工木

今回は瓦屋根の棟を交換する工事を行ってきました。元々台風によって瓦が飛んでしまいご依頼いただきました。瓦自体は塗装等のメンテナンスは必要ないので半永久的にもちますが瓦が割れてしまった今回のような棟が飛んでしまった等の時は部分的に補修ができま...........