名古屋市名東区で瓦屋根の谷板金修繕の点検です

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます】
  台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。
関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。
現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。
皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

谷板金
名東区で谷板金の修繕依頼です。話の始まりはやはり雨漏れです。ここ最近の雨風で出てきたようです。梅雨を前に心配なところです。ご反のように立派な屋根瓦です。谷板金付近の真下に廊下がありそこから雨漏れは起こっていました。
谷板金
屋根が立派でいい造り故に形状が複雑です・屋根と屋根が重なっている下に谷板金はあります。
谷板金
谷鈑金は壁に沿ってクランク状に方向を変えています。一本の直線ではなく、重なりもあるし、加工して曲げてもあります。
谷板金
谷板金の曲がり角付近です。実はこの鈑金は交換にひと手間必要です。
谷板金
やはりありました。穴あきです。銅板のものは経年で必ず起こります。しかも雨漏れがあって初めて気づきます。
谷板金
確認していくと全部で4か所に穴あきがありました。板金の長さは8Mほど。4か所も開いていると屋根裏の色々な部分に伝っていくかもしれません。
先に触れたひと手間かかる、というのは通常谷板金交換は周囲の瓦を一度外して板金施工後にまた瓦を戻して完了です。今回の屋根は壁際に接地しており、また屋根が重なっている部分がとても狭いという事です。壁際の納めをうまく行わないとまたそこから雨漏れしてしまいます。ここは屋根屋の腕の見せ所だと思います。可能な範囲での最善の提案をお客様にはさせて頂こうと思います。いかがですか?屋根に谷部分がある瓦屋根の建物にお住まいで気になる方。ぜひ当社へ一度点検のご相談をお待ちいたしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

谷板金 交換工事 雨漏り

今回は名古屋市名東区で谷板金の交換工事を行ってきました。谷板金とは屋根のへこんでいる、谷になっている部分に施工されている板金です。昔は銅板で施工されていました。銅板は酸性雨によって年数が経ってくると変色しそこから穴が開いてしまう可能性があり...........

天窓

名古屋市名東区のお客様より以前から屋根の天窓から雨漏りがするので、屋根を診てほしいとご連絡を頂きました。天窓(トップライト)の雨漏りの要因は原因が限られています。今回は、窓枠に使われているゴムパッキンの劣化が雨漏り要因でした。

32-1

春日井市で、強風で瓦が落ちて来たと言う問い合わせを頂いたので、早急に現調に行かせて頂きました。お宅に伺うと、棟の役物瓦が落ちて来て居ました、早速屋根に上がらせていただいたら、役物瓦を止めている釘がかなりの数浮き上がって居ました。触ってみると...........