日進市でセメント瓦の点検をしてきました。メンテナンス方法とは


日進市でセメント瓦の点検をしてきました。

今回はセメント瓦の特徴とメンテナンス方法についてご紹介させて頂きます。

正しいメンテナンスをして屋根を守っていきましょう。

セメント瓦の特徴
こちらがセメント瓦です。

セメント瓦の特徴としては

まず様々な色や形があるという事です。

上の写真は洋風に見えるセメント瓦ですが洋風の物以外にも

和風や平型の物もあります。

そして色が多彩です。

セメント瓦は表面を塗装するので、どのようなお色にも塗装する事が出来ます。

弱点(デメリット)としては

衝撃に弱いという事です。
瓦も同じですが何かの飛来物によって衝撃が加わると割れてしまう事があります。

瓦と違う所で言いますとセメント瓦は塗装によるメンテナンスが必要という事です。

表面を塗装していかないと変色や塗装の剥がれ等が起きるので

セメント瓦自体の劣化が進行していきます。

セメント瓦の特徴
セメント瓦の特徴
上の写真の様に塗装してから年数が経過すると

褪色や塗膜の剥がれが進行していきます。

表面の塗装が剥がれてきますと

セメント瓦自体が水分を含みやすくなり劣化を進行させてしまいます。

そして塗装する際の塗料も吸い込みやすくなり

通常であれば3回塗りで済むところが、4回5回と塗装が必要になる事もあります。

ですのでなるべく早めに塗装工事をする必要があります。

セメント瓦の特徴
またセメント瓦は棟部分の補修も必要になる事があります。

一般的な瓦と同じ様に棟部分に漆喰が使用されている事があります。

ですので漆喰の劣化がある場合は塗装以外に漆喰のメンテナンスが必要となる事があります。


さらにセメント瓦では現在ほとんど生産がされておらず在庫となる予備瓦もほとんどない状態です。

瓦の割れている枚数や状況によって葺き替え工事が必要となる場合もあります。

ですのでセメント瓦が屋根に葺かれている方は

街の屋根やさんに一度ご相談ください

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

中村区で室内雨漏れによる内装改修工事を行いました

室内改修前
室内改修後
工事内容
その他の工事
使用素材
ヒノキ壁材、化粧巾木、他
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

外壁塗装工事 アフター点検

名古屋市西区で外壁塗装工事をして1年が経過した家にアフター点検をしに行ってきました。外壁はサイディングでフッソ塗料にて外壁塗装工事をしました。フッ素塗料ですと耐久年数としては15~18年位です。よっぽど問題はないのですが、念の為にという事と...........

S瓦 棟瓦 点検

日進市で屋根の工事が始まりました。屋根の棟部分の工事なのですが本日は以前点検に伺った際の様子をお伝えしていきます。今は台風シーズンに入っており台風が今週末にも近づいてきています。大きな被害を出さない為にも早めの対策をしていきましょう。

平板瓦 イーグル40

名古屋市緑区で築15年のお家の屋根をみてきました。今後、雨漏りをしては困るからという事でご依頼を頂きました。屋根には平板瓦が葺かれていました。基本的に平板瓦(陶器瓦)は他の屋根材(スレート屋根など)と比べて塗装といったメンテナンスは必要あり...........