カバー工法がスレート屋根におすすめな訳とは|名古屋市西区


名古屋市西区の屋根工事の現場です

屋根カバー工法工事(屋根重ね葺き工事)をしています。

既存の屋根材はスレートでその上に板金屋根のスーパーガルテクトフッ素を葺いています。
カバー工法 スーパーガルテクトフッ素
もとある屋根をほぼ残してその上に新たな屋根を葺いていく屋根カバー工法工事です。

屋根を屋根でカバーして葺いていくので屋根が2重となります

屋根を重ねて葺くので重ね葺き工事ともいいます。


屋根カバー工法のメリットとしては
①解体工事がほぼ不要で廃材がほとんど出ない事です。
スレートの中にはアスベストを含んだものがあり、アスベストを含んだスレートですと廃材処理費が高額となってしまいます。

②工事期間が短い
葺き替え工事と違い今ある屋根材の撤去する手間が必要ないのでその分工期が短くなります。

③工事中も普段と変わらない生活が出来ます。
解体工事がほぼ不要なので、生活に支障が出ることがありません。


しかしデメリットもあります。

それは
カバー工法に向いていない屋根材もあるという事
※金属屋根やスレート屋根が基本的には適しています。

屋根の状態によっては施工できない
※下地の劣化によっては施工が困難な場合がありますので
その際は点検・調査にて可能か判断をさせて頂きます

屋根の重量がほんの少し増加してしまう
※耐震性を考慮すると屋根は軽い方が良いです
 しかしカバー工法で使用する板金屋根はとても軽くカバー工法をしたとしても
 瓦屋根よりも重くなるという事はありません。

カバー工法に関してはこういったメリット・デメリットを踏まえて
工事のご提案をさせて頂きます。

では今日の作業の様子をお伝えします
カバー工法 スーパーガルテクトフッ素
今日の工事は棟板金の取り付け工事です
棟板金の下地には腐食しない樹脂製の下地を使います
カバー工法 スーパーガルテクトフッ素
そして棟板金を取り付けていきます
接着と止水のためにシーリングを打っていきます。
カバー工法 スーパーガルテクトフッ素
棟板金の取り付けが完了しました

これで屋根工事の大半が終了しました

次回工事の完成した様子をお伝えしたいと思います

同じ工事を行った施工事例

施工事例

瀬戸市でカバー工法|D'sルーフィング ディプロマット

カバー工法 施工前
カバー工法 施工後
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
D'sルーフィング ディプロマット
築年数
25年
建坪
105㎡
保証
雨漏れ10年保証
工事費用
110万円(足場含)
施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円

同じ地域の施工事例

施工事例

名古屋市西区で瓦屋根の谷板金交換で雨漏り補修をしました

谷板金交換 銅板の劣化
谷板金交換 銅板の劣化
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ステンレス製谷板金
築年数
築28年
建坪
保証
工事費用
7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根重ね葺き外壁塗装工事

一宮市で弊社で1年前に屋根重ね葺き(カバー工法)外壁塗装工事       をして頂いたお客様の1年点検にいってきました。屋根はニチハの横暖ルーフαプレミアムSという板金屋根材外壁はエスケー化研のシリコン塗料を使用しました。上の写真は横暖ルー...........

スレート 台風被害 

前回ご紹介した台風被害によるスレートのめくれた現場の屋根工事が開始いたしましたのでその様子をご紹介いたします。今回工事するのは今ある屋根材の上から新しい屋根材を被せる重ね葺きという工法です。重ね葺き工事のメリットは葺き替えに比べ廃材撤去の手...........

カバー工法 金属屋根

前回ルーフィングまで張った現場を今回屋根材を葺いていき完成させていきます。使用した材料はアイジー工業のスーパーガルテクトフッ素という商品です。それでは工事の様子をお伝えしていきます!!!