東郷町で板金屋根の不具合点検に行ってきました


瓦棒屋根劣化
東郷町での板金屋根劣化と雨漏れ調査の依頼で現地で庁を行います。個の板金屋根は「瓦棒屋根」でご覧の通り広範囲にサビが発生しています。過去の塗装もだいぶ褪色が進んでいます。
瓦棒屋根劣化
板金屋根のサビが進むと浮力が始まります。腐食が進むとやがて朽ちて穴あきの原因になってしまいます。屋根面なので当然傾斜がついている為、サビ水が流れていくとどんどんもらいサビをして劣化範囲が広がってしまいます。
瓦棒屋根劣化
腐食が進み、板金自体がもろくなりパリパリ剥がれている部分も見受けられました。瓦棒屋根の縦に流れている棒の中は芯木が入っており、板金の傷みがひどいと芯木にも影響してしまいます。
瓦棒屋根劣化
こちらは水上にある笠木です。やはり屋根同様に褪色が進み、サビが浮いていました。板金の継ぎ目のコーキングもすでに無く、再塗装または再施工が必要かと思われます。
瓦棒屋根劣化
雨樋の不具合もチェックしました。最近取り付けたばかりの新しい樋との事でしたが雨の日に水がほとんど真下の屋根に落ちてしまうそうです。確認してすぐに分かりましたが、それもそのはず。雨樋の取り付け位置が悪い為です。このようにぴったりとくっついてしまっている為に樋の中にうまく水が流れません。鼻隠しの下部で軒先よりもう少し下につけると水が屋根から流れ落ちます。このままでは流れた水は軒先から落ちずに表面張力で軒先の板金の裏側に伝い樋の後ろからそのまま下に水勝ちてしまいます。
瓦棒屋根劣化
じょうごは東西に一か所ずつありましたが勾配不良によりじょうごまで水が届かないようです。設置した業者さんが本当に雨樋の取り付けをやった事があるのかはわかりませんがお施主様にとっては残念な工事だったと思います。
今回の点検から提案することは屋根の修繕をカバー工法で新しい屋根にする事と、ぜひ雨樋の改修をしたいと思います。瓦棒屋根も昔と今では多少規格が異なるものもあるので、現状のものに合致する材料を選定して提案します。雨樋の件についてもそうですが、非常に多くのリフォーム会社がある今日で業者選びも悩むところだと思います。一括の見積りサイトも多く、何社も電話や訪問の連絡もエネルギーを使う事と思います。業者さん選びで迷われた方は一度ぜひ街の屋根やさん名古屋東店にお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

瀬戸市でカバー工法|D'sルーフィング ディプロマット

カバー工法 施工前
カバー工法 施工後
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
D'sルーフィング ディプロマット
築年数
25年
建坪
105㎡
保証
雨漏れ10年保証
工事費用
110万円(足場含)
施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

スーパーガルテクトフッ素 重ね葺き工事

小牧市で屋根重ね葺き工事をしています。屋根重ね葺き工事、またはカバー工法工事ともいいますが既存の屋根がスレート(カラーベスト・コロニアル)やアスファルトシングルの場合は下地の状況にもよりますが既存屋根の上から新たに屋根を葺く事が出来ます。今...........

屋根重ね葺き外壁塗装工事

一宮市で弊社で1年前に屋根重ね葺き(カバー工法)外壁塗装工事       をして頂いたお客様の1年点検にいってきました。屋根はニチハの横暖ルーフαプレミアムSという板金屋根材外壁はエスケー化研のシリコン塗料を使用しました。上の写真は横暖ルー...........

スレート 台風被害 

前回ご紹介した台風被害によるスレートのめくれた現場の屋根工事が開始いたしましたのでその様子をご紹介いたします。今回工事するのは今ある屋根材の上から新しい屋根材を被せる重ね葺きという工法です。重ね葺き工事のメリットは葺き替えに比べ廃材撤去の手...........