オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

長久手市にてスレート屋根から金属屋根のカバー工事がスタート!


長久手市にてスレート屋根から金属屋根への

カバー工事がスタートしました!!

スレート屋根のメンテナンスは塗装工事がメインですが、
何度も重ねてくることが出来ません。

そこで、より耐久性が高く断熱性があるカバー工事をお勧めしています。

今回、使用した金属屋根は
アイジー工業さんの『スーパーガルテクト』です!!

この商品はつなぎ目部分にまで断熱材が入っており、
とても高い断熱性があり、併せて高耐久も持ち合わせている商品です。

弊社でのカバー工事を行う際は、積極的にお勧めしています!!

では実際の金属屋根のカバー工事を行う工事過程は・・・
屋根カバー
屋根カバー

一番最初に行うのは、棟板金の撤去からです。

カバー工法というのは既存の屋根材を撤去するのではなく
既存の上から新規の屋根材を乗せる工事になります。

その際に、この棟板金部分は重ねる事が出来ないので、
撤去します。


屋根カバー
屋根カバー

次に全体に防水シートを貼っていきます。

左側の写真の赤枠は既存のスレート屋根です。
このスレートに直接貼っていきます。

この防水シートは片面粘着になっており、
直接屋根材に貼っていく事が可能なんです!!


屋根カバー
屋根カバー
そして新しい金属屋根を葺せて行きます。

1枚当たり約3mほどある金属を一枚一枚繋げていきます。

水が侵入してこないように
下から順番に敷いていきます。

つなぎ目が上に出てきてしまうと
そこから雨がどんどん入ってきてしまい
防水シートでは防ぎきれないので、必ず下から葺せていきます。

屋根カバー
最後は撤去した棟板金を
新しく同じ金属の棟板金を使います。

屋根裏の換気を棟からする場合もあるので、
その際は少し別の部材を利用したりもしますが
今回は一般的な棟を使いました。


屋根カバー
2020_01_21_14_53_29_890_2-columns2

そして完成になります

金属屋根のデメリットは今まで屋根に金属が乗っていなかった分、
雨音が気になってしまう事があるかもしれません。

ですが、今のところそう言ったお話を聞いた事もありませんので、
かなりお勧めができる商品です。

今、「屋根の塗装工事も1回やったし、そろそろ今ある屋根材も危ないかな?」と
お考えの皆さん!!!

葺き替え工事は既存の屋根材を捨てる必要がありますが、
カバー工事なら必要ありません!!!

是非一度お考えください。
点検・見積りだけでなく、ご相談も承っていますので
その際は一度「街の屋根やさん名古屋東店」までご連絡ください!!!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

瀬戸市でカバー工法|D'sルーフィング ディプロマット

カバー工法 施工前
カバー工法 施工後
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
D'sルーフィング ディプロマット
築年数
25年
建坪
105㎡
保証
雨漏れ10年保証
工事費用
110万円(足場含)
施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

カバー工事

瀬戸市にて、屋根の重ね葺き工事を行いました!!!屋根の重ね葺き工事は、スレート屋根の場合に多く用いられる工法で既存の屋根材を撤去せず、その上に新しい屋根材を置いていく工法です。しかし、長年雨漏りが発生しており、下地に大きな劣化が進行してしま...........

カバー工事

名古屋市中川区にてスレート屋根から金属板金屋根へのカバー工事が開始しました!!!カバー工事とは・・・既存の屋根材の上に新しい屋根材を乗せる工事になります。屋根カバー工事は基本的にスレート葺き屋根の場合に用いられて瓦の場合はほとんど不可能です...........

屋根カバー工事

日進市にて屋根カバー工事を行う為にとても重要な下地確認の含めた現地調査に行ってきました!!!屋根カバー工事とは・・・既存の屋根材の上に、防水シートを貼りその上に新しい屋根材を乗せる工事の事です!今回の現場は、スレート葺きの切妻屋根でした。現...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-969-687